行政書士 勉強方法

行政書士資格試験に受かる勉強法〜はじめの一歩

行政書士の資格試験は意外なほどに人気のある資格です。業務範囲は幅広くていろいろな市場が狙えるし、許認可関係はこれからもいろいろと追加や修正が絡んできて、そのたびに新たな業務対象が増えることにもなります。

 

新たなビジネスが生まれてくれば、そこに対しても役所が絡んできて、やはり行政書士が行う申請書類の代理作成や代理提出などの業務が創出されます。

 

また、これから団塊の世代が高齢になるにつれて、遺言状などの備えをしようとする動きも今まで以上に増えてくると見込まれます。

 

こうした社会的な背景もあって、行政書士に目を向ける方は大勢いらっしゃいます。

 

しかし、その分、競争率も激しさを増してきており、行政書士の合格率はほぼ毎年のように10%を割り込んでいます。
低い年だとわずか5%程度。

 

100人受験して5人しか受からないような、難関試験にもなっているのです。

 

こうした難易度の高い試験を突破する勉強法というのは、実は独学ではなかなか難しく、完全な独学で行政書士試験に合格した人のほとんどが、数年にわたって勉強を続け、やっとのことで合格を勝ち取っているというデータもあります。しかし、行政書士の資格を取得しただけでは生活できません。その後の戦略も描いておくべきでしょう。

 

行政書士であれば、業務範囲は非常に幅が広いですから、その後、宅建主任者や税理士、社会保険労務士などの資格を取得することで飛躍的に活躍の場は広がります。あらかじめそのあたりも想定に入れた上での資格取得を目指すのがおススメです。

 

さて、こうしたことを踏まえると、まず頭に入れておくのは"行政書士試験の受験勉強に何年もとらわれない"という認識です。

 

先にも述べたとおり、完全独学で2年も3年もかけて取得しても、行政書士資格一本では、資格を活かしきれるかどうか微妙なところです。

 

であるならば、ここはあれこれ考えずにさっさと取得し、次のステップ(ダブルライセンス)に進みたいところです。

 

というわけで、行政書士資格に興味を持ったあなたがまず行うことは、行政書士試験の内容についての概要を大まかにつかむことです。

 

本屋に行って手当たり次第に参考書を買っても、おそらく何から手をつけて良いのかすら分からず、途中で挫折する可能性が高いだけです。

 

まずは、各種専門学校や通信教育など、試験のプロが実施している行政書士講座の資料を請求してみて、ざくっとした学習内容を確認してみることから始めることが大切です。

 

以下にめぼしいところをご紹介していますので、資料請求をしてじっくりと検討してください。そして、ザクッと概要をつかんだら、そこからさらに自分の理解を深めるには何が良いかを考えてみてください。

 

参考書を買い漁るのも良いですし、通信講座や専門スクールで勉強するのも良いと思います。このあたりは個人個人の感じ方や価値観によります。

 

とにかく、全体を把握し、自分の今の立ち位置と資格取得に向けて選択すべき方法を確認するところから始めましょう。

管理人山川おススメの行政書士講座

ゼミネット



ゼミネットは、専用スタジオ完備のインタネット講義を選択できます。 実際に講師が行っている講義をインターネット配信しますので、いつでもどこでも、そして何度でも行政書士試験の勉強ができます。 この何度でもというのがポイントです。行政書士試験に限らず、勉強の成果を確実にするには何度も繰り返し学ぶ反復学習が極めて重要です。ゼミネットなら自宅で個人授業を受けるような感覚で、何度でも学ぶことが可能です。しかも激安ともいえる費用。一度検討しておくことを強くおすすめします。

ヒューマンアカデミー

【おすすめ】通信講座・通学・月一通学から選べます。
ヒューマンアカデミーは何と言ってもその規模の大きさが魅力です。規模が大きいために基礎となるデータも多く、結果として資格試験に関するノウハウも多くたまっています。

勉強のポイント

行政書士試験に限らず、資格試験に向けての勉強を進めるうえで大切なことは、勉強の全体像をしっかりと組み立てておくということです。全体像といってもそう難しいものではありません。インプット〜アウトプット〜チェックという流れが効率的な勉強法の全体像です。

 

まず、インプット期においては、理解不足の箇所を明確にする、不得意科目を集中学習する、使用テキストを少なくとも2〜3回は精読するなどの勉強が必要になります。この時期は知識を蓄える時期です。完全な理解は難しくても、次々に、そして何度も知識を頭にたたき込みましょう。最初は点にすぎなかったものが、そのうち線となって蓄えられていきます。

 

次にアウトプット期ですが、これは練習問題を徹底的にこなす時期です。この時期に重要なことは、インプットされた知識をいかに的確かつ効率的にアウトプットできるようにするかという点になります。行政書士の試験であれば1問あたり2分ちょっとしか回答時間はありません。「あれやこれや悩んでいる暇はない!」、くらいの気持ちで問題をこなしていくつもりでいるべきでしょう。また、選択問題などでは、選択肢となっている問題は一通り内容をチェックし、その背景となる知識をおさらいしておく必要があります。なんとなく正解という状況はまったくためにならないことを肝に銘じて勉強してください。

 

そして最後にチェック期ですが、これは文字通り、インプット、アウトプットである程度明確になってきた自分の不得意分野をチェックし、克服する時期になります。ここまでこなせば、行政書士になれる日もそう遠くはありません。

 

とにかく、勉強法には抜け道のようなものはありません。通信講座や通学講座で学べば独学よりは効率的な勉強が可能ですが、それでも最終的に頭に試験に使える知識として残していくにはインプット、アウトプット、チェックをテキストに則って行っていかなくてはなりません。その点はしっかりと覚悟を決めて取り組んでください。